上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
私はよつ葉生協をやっているのですが、その中に「プリン石けん」というものがあります。
固形の石けんではなく、触った感触はブニブニした石けんなんだそうです。
で!その「プリン石けんを作ろう!」とよつ葉の企画が7月にあったので友達と参加してきました♪

行くと夏休みだけあって子供がいっぱいです。
そしてもちろんウチの息子も一緒に行ってきました。

これも廃油を利用して作る石けんになります。
では材料、道具など。
【材料】
廃油(1.5リットル)・苛性ソーダ(250g)・ご飯適量・熱湯
【道具】
一斗缶・胸の高さぐらいの木の棒

廃油に子供のお茶碗1杯分ぐらいのご飯を入れ火にかける。
ご飯を入れて温めたところ

廃油が温まったら苛性ソーダを入れ混ぜる。
苛性ソーダ投入!

苛性ソーダを入れても反応はなく、次に熱湯約1リットルを投入します。
熱湯投入!
ひぇ~!!!
熱湯を入れたとき、一人で大騒ぎしてしまった私です( ̄∇ ̄;
ブクブクーと一斗缶の半分ぐらいまで泡が出て、またまたひぇ~!!!溢れる~!と大騒ぎした私( ̄∇ ̄;
ちょっとトロリとしてきました
そして泡がおさまりひたすら混ぜて、もう一度熱湯をドバーッと入れて混ぜて・・・、終わり。
これだけでした。「えっ!?これで終わり?」というぐらいの単純作業でした。

でもあまりにも自分が作っている石けんと違うやり方なので、ビックリしました。
これはホットプロセスなのかな?
とりあえずこの日は持って帰れず、水曜日の宅配の時に持ってきてくださいました。
※写真はすべてよつ葉の方に頂きました。ありがとうございました。

それがこれ。
プリン石けん
プリン石けん

触った感触は水あめを軟らかくした感じで、見た目ゼリーっぽいですがプルプルはしません。
ニオイはあまりいいニオイではありません。廃油独特のニオイがしてます。
でも少し温めたらタネがゆるくなりそうな感じなので、はっかなどのエッセンシャルオイルを入れてみようかとも思ってます。
で、洗浄力ですが、可もなく不可もなく・・・。
泡もそこそこ立つし悪くはないと思いますが、やはりニオイが少々気になります。

2007.08.31
Secret

TrackBackURL
→http://ayacoco.blog61.fc2.com/tb.php/245-ea0ddcb6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。